居酒屋でも大活躍のposレジについて

subpage1

サラリーマンの憩いの場とも言われている居酒屋は美味しいお酒と料理が在る事で多くのお客さんが集まりますし、居心地の良いお店などの場合は、いつも同じ居酒屋を使いたいと考える人も少なく在りません。人気が高いお店になると、いつ行っても混雑していると言ったケースも在りますが、居酒屋ではおつまみとしての料理の注文とお酒の注文が頻繁に行われるため、その都度伝票にお酒のメニューや料理のメニューを店員さんが記載をしていく必要が在ります。

BIGLOBEニュースの情報を集めました。

この伝票は最後に会計を行う時にお店のレジ担当差が伝票に書かれているメニューの金額を、レジ打ちして合計額を計算して支払いを行う事になるのですが、注文数が多くなるとレジ打ちも大変ですし、お店のレジ担当と言っても専属でレジ打ちだけを行うのではなく、お店の接客の合間に行うため、時間のロスになってしまうケースも在ります。



そのため、居酒屋の中にはposレジを採用しているケースも在ります。

posレジには入力から出力までを通信を利用して集計が出来るタイプと、タッチパネルを利用して伝票に書かれた項目をタッチすることで会計処理が出来る2つの種類が在ります。


入力から出力までを通信を使ってのposレジは、注文をした段階で情報が本機に転送されるため、リアルタイムでの売り上げをチェックする事も出来ますし、店員さんはタッチするだけで注文を取ったことになり、情報がレジや調理場などに流れるなど仕事の効率化を図れると言うメリットが在ります。