価格が唯一のデメリットのポスレジを導入するメリット

subpage1

ポスレジを導入してposシステムを運用していくというのは商品の販売やサービスの提供を基本とする店舗営業をしていく上では重要な観点です。


posシステムはレジなどで販売を行った商品と時刻を正確に記録していくことができるシステムであり、それによって在庫管理を行えるというのが直接的なメリットです。


さらには商品が売れた際の組み合わせや、特定のサービスが利用された時間帯や曜日といった点を分析するためのデータとして使用することもできます。


それに基づいて商品の仕入れを変更したり、提供しているサービスの割引キャンペーンの日時の設定の仕方について考えたりと様々な用途があります。


そのため、ポスレジを導入してデータを集計しておくだけで、経営が怪しくなってきたさいにどういった手段を取ればよいかということがはっきりとしてくるようになります。



ポスレジは有用であるものの、そのデメリットもないわけではありません。価格が高いというのが最大のデメリットであり、端末一つの価格が数十万円というのが相場です。



一度導入してしまえば継続して使用できるものの、その価格をみると導入を検討していても閉口してしまわざるをえないのが事実です。

マイナビニュースの情報が更新されています。

大手企業であればそれほど大きなコストに感じなかったとしても、中小レベルの企業となると数十万円のポスレジを数台導入するというのは大きなコストです。
しかし、長期的に見ればメリットも大きいのが事実であり、企業規模を大きくしていくためには必要と考えて投資をすることも大切です。